MENU

着替えてる時に自分の臭いが気になる

大学生になった頃、自分の体臭がとても気になるようになってきました。

 

そんな頃、体育の授業を取っていたのでみんなで着替えをすることが何度かある時期がありました。

 

そうしたところ周りの友人たちが、「なんかオレ汗臭い!」などと自虐し合っていました。

 

私も自分の臭いを感じていたのですが、「自分の臭いがこんなに感じる敏感なら、きっと周りの人も感じているに違いない!」と思ったのです。

 

直接言われることはありませんでした。

 

しかし、着替えている時に臭いの話を出すということは、私の周りの友達も結構気にしているということなので、人の臭いにも敏感な方だろうと思いました。

 

そう思っていると、自分で自分がくさいような気がしてきたのです。

 

そこで、何か言われたり思われたりすることがある前に、体臭ケアをしようと思ったのです。

デオドラントが効果的でした

すぐに始めたのが、腋と足のケアでした。

 

まずはお店で自分でみてみようと考え、ドラッグストアへ行き、その場でよさそうなものがあったので購入しました。

 

それが、ロート製薬から出ているデ・オウ 薬用プロテクト デオジャムというものでした。

 

また、足の臭い対策としてグランズレメディも購入しました。薬局では見かけませんが、ドンキホーテなどに売っています。

 

どちらもお店のおすすめ商品として売られていたものでした。

 

購入した次の日から早速使い始めましたが、使い始めてすぐ効果を実感できました。

 

誰かに何かを言われたわけでも言われるわけでもなかったため、本当のところはわかりません。

 

しかし少なくとも、自分で自分の臭いが気になることはなくなりました。

 

多分今蒸れてるから結構きつい臭いがするだろうと思いながら、体の臭いを嗅いでもくさいと感じることはなかったため、効果があると感じました。

体臭が気にならないとすごく楽

体臭が気にならなくなったということだけでなんだか自分に自信を持つことができるようになりました。

 

それまでは、できる限り人に近づかないように気を付けたり、腕を伸ばさないようにしたり、できる限り靴を脱がないようにしていたりしました。

 

しかしデ・オウを使うようになってからは、体育の時に恥ずかしい気持ちになることはなくなりました。

 

また、何も考えずに腕を伸ばしたり人に近づいたりすることもできるようになりました。

 

動きの一つ一つを気にせずできるようになったため、とても自由になったように感じました。

 

その後はまわりの友人にもデ・オウをおすすめするなどして、皆で一緒に体臭ケアをする仲にまでなることができました。

 

ただ、腋にたくさん塗り続けていたところ、私は肌が弱いためか、ちょっとかぶれてきてしまいました。

 

肌が弱い人の場合には、少量使用して反応を見てからにした方がいいかもしれません。

 

それからは塗る頻度をちょっと落とすようにして、別の体臭ケア方法などをたくさん調べました。

 

その結果、今は足のケアはグランズレメディで、腋をデ・オウ、その他の体臭全般には体臭ケアサプリメントの併用でうまく対処することができています。

 

このように、体臭ケアと言っても現在では本当にたくさんの方法があるので、自分にあったものをうまく組み合わせて使うのが一番です。

 

肌質や生活習慣などを踏まえて、しっかりと継続できるやり方を確立してみて下さい。